ファッション業界を代表する雑誌、ヴォーグ。

ファッションに敏感な方にとって 毎月のヴォーグは内容が気になるところではないのでしょうか。

そして 時計業界を代表するパテックフィリップ

マニュファクチュールであり、古くからの歴史、伝統、革新、芸術を融合させた 伝統的でありながらも最先端として存在し続ける老舗の時計メーカーです。

パテックフィリップの有名な特色としては、自社一環製造であるマニュファクチュールだからこそできる、とはいえ すべてのマニュファクチュールに可能かといえば そうではない「永久修理」を宣言しているところです。

どれだけ古い腕時計であれ、懐中時計であれ 自社の時計であれば 必ず修理ができることを掲げています。

そんな誇りと高い技術力をもったパテックフィリップをファッション媒体として 最先端でありながら、伝統と誇りを持ち合わせているヴォーグ ブリティッシュから読み解きたいと思います。

まず、パテックフィリップという名前の すぐ下には””Begin your own Tradition””=「あなたの伝統を始める」とあります。

自社の「伝統」を押すのではなく「あなたの伝統」というところが心に響きます。

時計メーカーだからこそ 意味が深く浸透します。

そして時計の上部のキャッチコピーは(今回の腕時計はトウェンティー4)、””Something truly precious holds its beauty forever””「本当に大切なものは その美しさを永遠に抱く」とのこと。

確かに パテックフィリップの時計であれば 永遠にその美しさが続くことを気づかされます。

パテックフィリップ買取ならウォッチファンがオススメです!