コルムは1924年にガストン•リースがスイスのラ•ショー=ド=フォンに設立した時計メーカーです。

この1924年の設立当時は まだコルムというブランド名を名乗っていないため、コルムの前身と言われています。
実際にコルムを名乗るようになったのは、1955年のことと記されています。そんなコルムの買取はこちら

多くの時計メーカーが古くからの歴史があり、あまりにも その歴史が深いため1924年、1955年というのは比較的 新しいメーカーという印象をうけますが、これは相対的に他のメーカーの歴史が長いから。とも受け取れます。

しかし、比較的新しいメーカー。とあなどることが出来ないのがコルムです。
コルムのメーカートレードマークは「鍵」。これは ブランドのコンセプトである「key to perfect time」を意味します。
これをコルムは日本では、「完全な時への鍵」と表現、訳しています。ここでいうperfect、完全というのは 「正確」という意味だけではないように感じます。もうひとつの「パーフェクト」「完璧」とは、「充実」や「豊か」といった精神的なニュアンスが含まれていると感じます。
いわば、ダブルミーニングのような、そんな想いがこめられているコルムの時計は何かの扉を開く鍵になるかも知れません。

文字盤に数字も目盛りも無い「ノーマーカー ダイヤル」という時計も、時計が時計である役割という概念を想像力でこえています。
ポテンシャルとアンビションに溢れているコルムの時計は、あなたの感性に届くように製造されています。
個性的で革新的な時計を求めるかたには最適なパートナーかもしれません。